新型コロナ感染症対策について

元監督官だから話せる。経営者がやるべきこと、絶対にやってはいけないこと。

労働基準監督署がやって来る!? 変わる「労基署対策」と「残業規制強化の対策」

経営セミナー (No.3702)
2020年12月8日(火)
  16:00〜18:30
⇒別日程あり
東京(日比谷)
無料ご招待
経営者様・役員様限定

セミナーお申込み

【労務セミナーご参加特典!書籍プレゼント】
雇用契約書の作り方・活用法〔第3版〕

雇用契約の基礎知識はもちろん、雇用契約の入り口(採用〜入社)から、労働時間や賃金について、 雇用契約の出口(解雇・退職)まで、それぞれのポイントを説明!正社員・契約社員など雇用形態ごとの作り方を徹底解説!
【書籍プレゼント】雇用契約書の作り方・活用法〔第3版〕

講演内容

【前半】元労働基準監督官・社会保険労務士 原 論氏が 具体的な労基署対策法を解説します!

  • 労基署は企業のどこを見ている?
  • 労基署のアンケート・調査票が企業に届く仕組み。
  • 間違えると大変! アンケートへの回答方法。
  • 労働基準監督官のクセとタイプは?
  • 働き方改革で労基署の動きはこう変わる。
  • 突然、労基署の訪問を受けた場合の応対の仕方。やるべきことと、絶対にやってはいけないこと。
  • 是正勧告への対応方法。 これだけは押さえるべきポイントは?
  • 労災発生! 報告の仕方、対応の手順。
  • 「安全衛生管理計画」作成のススメ。

【後半】働き方改革に対応した残業規制対策と
その導入法を徹底解説!

  • 民法改正で残業代請求は5年分請求へ!
  • 雇用契約書は毎年更新すべき。その理由とは?
  • 「メンタル不全」社員への正しい対処法。
  • 規定だけじゃダメ! 時間管理の重要性がましている。これからは拘束時間と労働時間の2つの時間管理が必要。
  • 人手不足時代! 問題社員を入社させない方法。
(都合により後半の講師が変更となりました。馬場⇒矢島)
※講演内容は変更となる場合もございます。予めご承知おきください。

セミナーお申込み

講師紹介

原 論

原 論

原労務安全衛生管理コンサルタント事務所 代表/元労働基準監督官・社会保険労務士

1968年生まれ。1992年、労働基準監督官として労働省(現厚生労働省)入省。神奈川労働基準局(現労働局)、埼玉労働基準監督署(同)、東京労働基準局(同)などに勤務後、2011年3月退職。2012年4月、原労務安全衛生管理コンサルタント事務所設立、代表就任。

久保田 俊史

久保田 俊史 

保険サービスシステムHD株式会社 CFP 1級ファイナンシャルプランニング技能士 社会保険労務士

年間1000社以上の中小企業様からご相談を受けてきた10名の社労士チームに所属。法律や法令に関する多彩な知識を持ち合わせ、各業界経営者からの信頼に厚い。

セミナーお申込み

開催概要

開催日時 2020年12月8日(火) ⇒別日程あり
16:00〜18:30  (受付 15:30〜)
ご参加資格 経営者様・役員様限定
会  場
≫アクセス    
東宝日比谷ビル17F セミナールーム  
講  師 原 論(原労務安全衛生管理コンサルタント事務所 代表/元労働基準監督官・社会保険労務士)
久保田 俊史 (保険サービスシステムHD株式会社 CFP 1級ファイナンシャルプランニング技能士 社会保険労務士)
金額(税込) 無料ご招待 
定  員 20名 ※先着順につき、満席の場合はご了承ください。
セミナー番号 3702
オンライン
受講
主  催 ビジネスサポートクラブ株式会社
保険サービスシステムHD株式会社
【セミナー専用ダイヤル】
0120-88-7000 受付時間:9時〜18時(平日)
共  催 東京中小企業経友会事業協同組合
備  考

セミナーお申込み

会場・アクセス

東宝日比谷ビル17F セミナールーム 
東京都千代田区有楽町1−2−2 東宝日比谷ビル17F(日比谷シャンテ)  
googleマップはこちら

<アクセス>
● 東京メトロ 日比谷線・千代田線/都営地下鉄 三田線
「日比谷」駅 A5出口より 徒歩約2分

● 東京メトロ銀座線・丸ノ内線
「銀座」駅 C1出口より 徒歩約5分

● JR山手線・京浜東北線
「有楽町」駅日比谷口より 徒歩約5分

● 東京メトロ有楽町線
「有楽町」駅より 徒歩約6分

セミナーお申込み

セミナー映像会員

月額わずか5,000円で全ての映像・生中継が見放題!
30日間無料キャンペーン中
※配信の無いセミナーもございます。

経営者様サイト 会計事務所様サイト

感染症対策の取組み

席数を約半数に減らしたソーシャルディスタンス対応、会場の消毒、その他感染症対策を徹底しております。
新型コロナウイルス感染症
予防対策ポリシー