新型コロナ感染症対策について

評価の仕方で これだけ差が出る!

相続税土地評価の実例

会計セミナー (No.3291)
2017年12月8日(金)
  15:00〜17:00
東京(日比谷)
5,000円(税込)
会計事務所 様

こちらのセミナーは終了いたしました。

【労務セミナーご参加特典!書籍プレゼント】
雇用契約書の作り方・活用法〔第3版〕

雇用契約の基礎知識はもちろん、雇用契約の入り口(採用〜入社)から、労働時間や賃金について、 雇用契約の出口(解雇・退職)まで、それぞれのポイントを説明!正社員・契約社員など雇用形態ごとの作り方を徹底解説!
【書籍プレゼント】雇用契約書の作り方・活用法〔第3版〕

講演内容


平成27 年から相続税の基礎控除が大幅に引き下げられ、相続税の課税対象者は4.4%(5 万6 千人)から8.0%(10万3 千人)に増加致しました。本セミナーでは、相続税評価額を大きく左右する「土地評価」について、多数の実務から「差の出た」実例をもとに解説致します。

◇土地評価の実務

  • 縄伸び・縄縮で地積更正
     〜登記簿の地積を信じて大丈夫!?〜
  • 評価単位の原則と例外
     〜その評価単位、合っていますか!?〜
  • 一団の土地にある貸家の敷地
     〜複数貸家の敷地をどう分ける?〜
  • 地区区分の陥りやすいワナ
     〜この地区区分は何でしょう!?〜
  • 法外道路の路線価はずし
     〜その道路、建築基準法上道路!?〜
  • 正面路線価の適切な判断
     〜路線価、またがっていませんか!?〜
  • 路線価に影響を与える基礎的要素
     〜角地? カーブ?〜
  • セットバックの原則と例外
     〜現地調査& 役所調査は絶対!〜
  • 様々な都市計画施設
     〜建築制限の有無で評価減を判断〜
  • 宅地造成費の適切な控除
     〜土盛はするのに土止はしない!?〜
  • 線路近接による10%減
  • 庭内神しの敷地は非課税財産
     〜非課税財産になる要件とは!?〜

◇ 広大地評価の廃止と規模格差補正率の導入

◇ 評価内容共有事例

  • 帯状部分を有する場合における不整形地の評価
  • 現状地目判定
※講演内容は変更となる場合もございます。予めご承知おきください。

こちらのセミナーは終了いたしました。

講師紹介

小野寺 恭孝

小野寺 恭孝

株式会社フジ総合鑑定 不動産鑑定士

年間4 0 0件以上の土地評価案件を取扱う。不動産鑑定評価の知識を生かした広大地判定等に定評があり、現在は、他の税理士が行った土地評価へのセカンドオピニオンや評価意見書の作成を行うサービスを展開中。
【主な著書】
◎「これだけ差がでる相続税土地評価15事例基礎編」(編著・クロスメディアマーケティング)/◎「税経通信」(寄稿)

こちらのセミナーは終了いたしました。

開催概要

開催日時 2017年12月8日(金)
15:00〜17:00  (受付 14:30〜)
ご参加資格 会計事務所 様
会  場
≫アクセス    
東宝日比谷ビル17F セミナールーム  
講  師 小野寺 恭孝(株式会社フジ総合鑑定 不動産鑑定士)
金額(税込) 5,000円(税込) お振込み
定  員 40名 ※先着順につき、満席の場合はご了承ください。
セミナー番号 3291
オンライン
受講
セミナー映像会員限定 〔1〕生中継あり 〔2〕収録版あり(2〜3週間後)
主  催 ビジネスサポートクラブ株式会社
保険サービスシステムHD株式会社
【セミナー専用ダイヤル】
0120-88-7000 受付時間:9時〜18時(平日)
共  催 東京中小企業経友会事業協同組合
備  考

こちらのセミナーは終了いたしました。

会場・アクセス

東宝日比谷ビル17F セミナールーム 
東京都千代田区有楽町1−2−2 東宝日比谷ビル17F(日比谷シャンテ)  
googleマップはこちら

<アクセス>
● 東京メトロ 日比谷線・千代田線/都営地下鉄 三田線
「日比谷」駅 A5出口より 徒歩約2分

● 東京メトロ銀座線・丸ノ内線
「銀座」駅 C1出口より 徒歩約5分

● JR山手線・京浜東北線
「有楽町」駅日比谷口より 徒歩約5分

● 東京メトロ有楽町線
「有楽町」駅より 徒歩約6分

こちらのセミナーは終了いたしました。

セミナー映像会員

月額わずか5,000円で全ての映像・生中継が見放題!
30日間無料キャンペーン中
※配信の無いセミナーもございます。

経営者様サイト 会計事務所様サイト

感染症対策の取組み

席数を約半数に減らしたソーシャルディスタンス対応、会場の消毒、その他感染症対策を徹底しております。
新型コロナウイルス感染症
予防対策ポリシー