テーマ:労務・法務  セミナー番号:3637 講師:山口 律子   矢島 秀悟  

「うつ病」は心の病ではありません。正しい知識で正しい対処を!

「会社を守る」メンタルヘルス対策講座

【会場】東京(日比谷)
【日時】2019年10月15日(火)16:00〜18:30 満席となりました。 ⇒別日程あり

経営セミナー 会場参加 オンライン受講

近年、うつ病は大きな社会問題となっています。本講座では、意外と知られていないうつ病のメカニズムから、最新治療技術を活用した「段階別対処フロー」、そして万一のときもトラブルを未然に防ぐ対策法等までをわかりやすく解説します。

こちらのセミナーは終了いたしました。
□同じ講師のセミナー≫ 山口 律子   矢島 秀悟  
□同じテーマのセミナー≫ 労務・法務

講演内容

うつ病とは何か? そのメカニズムは?

  • あまり知られていない、うつ病のメカニズムとその治療技術。
  • 社員をうつ病にさせないために有効な対策は?
  • こんなサインを見逃さない。予備軍の見つけ方。

最新治療技術を活用した「段階別対処フロー」。

  • すでにうつ病の社員への対処の仕方。おさえるべきポイント。
  • 今注目の「疲労度計」でこんなことがわかる。
  • 光ポトグラフィでわかる「偽うつ」。
  • 「リワークプログラム」とは?事例とカリキュラム内容。
  • うつ病・社員の自殺=会社のせいと決めつけられないために。
  • 社員のうつ病による会社の経済損失・信用損失。

万一の時でもトラブルにしないための対策

  • 採用時が肝心! 考え抜かれた「雇用契約書」。
  • 提出された「適応障害」の診断書。会社がとるべき手段は?
  • 休職・復職規程の見直しのコツと取り付けるべき書類。
  • 誰もが予測つかない最大リスクの対応策。 ほか




-------
※講演内容は変更となる場合もございます。予めご承知おきください。

開催概要

開催日時 2019年10月15日(火) 満席となりました。 ⇒別日程あり
16:00〜18:30  (受付 15:30〜)
受講形式 会場参加 オンライン受講
ご参加資格 経営者・幹部の方限定
会  場
≫アクセス    
東宝日比谷ビル17F セミナールーム  
講  師 山口 律子氏(NPO法人MDA-JAPAN(うつ病・気分障害協会) 代表)
矢島 秀悟 (保険サービスシステム社会保険労務士法人 社会保険労務士)
金額(税込) 無料ご招待 
定  員 40名 ※先着順につき、満席の場合はご了承ください。
セミナー番号 3637
映像化 なし
主  催 東京中小企業経友会事業協同組合
問合せ ビジネスサポートクラブ株式会社 セミナー係
TEL/0120-88-7000
備  考

講師紹介

山口 律子氏

NPO法人MDA-JAPAN(うつ病・気分障害協会) 代表

1988年東京都特別区入庁、都内の保健所に7年勤務する。その後、米国(財)野口医学研究所、横浜市総合保健医療センター精神部リハビリテーション科デイケアに勤務。2001年うつ病・気分障害協会(MDA)を設立。うつ病・気分障害の当事者と家族の支援活動を始める。MDAの新しい試みは、各メディアに注目され「福祉ネットワーク」「ETVワイド」(NHK教育テレビ)や「ガイアの夜明け」(テレビ東京他)などに出演し、大きな反響を得ている。

矢島 秀悟 

保険サービスシステム社会保険労務士法人 社会保険労務士

2,000社以上の中小企業様からご相談を受けてきた10名の社労士チームのエース。経営者が抱えるリスク全般に精通し、バランス感覚に優れた提案を得意とする。

□同じ講師のセミナーを見る≫ 山口 律子   矢島 秀悟  

会場・アクセス

東宝日比谷ビル17F セミナールーム 
東京都千代田区有楽町1−2−2 東宝日比谷ビル17F(日比谷シャンテ)  
googleマップはこちら

<アクセス>
● 東京メトロ 日比谷線・千代田線/都営地下鉄 三田線
「日比谷」駅 A5出口より 徒歩約2分

● 東京メトロ銀座線・丸ノ内線
「銀座」駅 C1出口より 徒歩約5分

● JR山手線・京浜東北線
「有楽町」駅日比谷口より 徒歩約5分

● 東京メトロ有楽町線
「有楽町」駅より 徒歩約6分

こちらのセミナーは終了いたしました。
□同じ講師のセミナー≫ 山口 律子   矢島 秀悟  
□同じテーマのセミナー≫ 労務・法務

注目セミナーPickUP