安心してご参加いただけるよう、新型コロナ対策を徹底しています。

経営者の皆様!会社の就業規則を放置していませんか?

「就業規則と労務リスク管理」講座

労務セミナー 東京会場 オンライン受講可 (No.4172)
2022年8月29日(月)
  16:00〜18:00
⇒別日程あり
オンライン受講あり(見逃し配信付)
会場参加:東京(日比谷)
無料ご招待
経営者様限定

会場参加お申込み オンライン参加お申込み

◎オンライン受講は、開催の翌営業日の同時刻から10日間、見逃し配信をご覧になれます。
◎会場参加の場合、ご来場時に書籍『雇用契約書の作り方・活用法』を進呈します。

講演内容

これからの就業規則は「義務」ではなく、中小企業の「権利主張」のために!
就業規則で会社を守り抜くポイントを徹底解説。


意外と知らない「就業規則」の効果。
きちんと整備することで労務リスクはコントロールできます。

  • 就業規則に「書いてよいこと」と「書いてはいけないこと」。
  • 就業規則を見直さずに放置しているとこうなる。労務トラブル事例紹介。
  • 就業規則のキモ。「懲戒処分規定」とその運用。
  • 問題社員をコントロールできる「服務規程」とは?
  • 同一労働同一賃金に対応する「給与規程」の作成。
  • 定額時間外制度導入時の給与規程上の注意点。
  • 無駄な残業を抑制する「労働時間の定義」とは?

セミナー内容 紹介動画

※講演内容は変更となる場合があります。あらかじめご了承ください。
【会場参加の方へ書籍プレゼント】
雇用契約書の作り方・活用法〔第3版〕

雇用契約の基礎知識はもちろん、雇用契約の入り口(採用〜入社)から、労働時間や賃金について、 雇用契約の出口(解雇・退職)まで、それぞれのポイントを説明!正社員・契約社員など雇用形態ごとの作り方を徹底解説!

出版:税務経理協会
著者:保険サービスシステムHD株式会社
   保険サービスシステム社会保険労務士法人

※オンライン受講はプレゼントの対象外です。
【書籍プレゼント】雇用契約書の作り方・活用法〔第3版〕

講師紹介

日浅 勝和

日浅 勝和 

全国中小企業経友会事業協同組合/保険サービスシステム社会保険労務士法人 特定社会保険労務士

「労務リスクを無くし、中小企業とその社員を守る」ことを使命として、労務問題や法律目線だけに寄らない経営感覚を重視した提案に定評を得ている。特に経営者が抱える労務問題に対応することが多く、解決に向けた提案を得意とする。

開催概要

開催日時 2022年8月29日(月) ⇒別日程あり
16:00〜18:00  (受付 15:30〜)
ご参加資格 経営者様限定
金額(税込) 無料ご招待 
オンライン
受講
□開催の翌営業日の同時刻から10日間、見逃し配信をご覧になれます。
□オンライン受講のURLは、開催前日までにメールいたします。
会場受講 【会場】東宝日比谷ビル17F セミナールーム 
【定員】50名  ※先着順につき、満席の場合はご了承ください。
東京都千代田区有楽町1−2−2 東宝日比谷ビル 17F
≫googleマップ
日比谷シャンテの入口(晴海通り側)に向かって左奥が、東宝日比谷ビルの入口となります。日比谷シャンテ内からはお入りになれませんのでご注意ください。

◎地下鉄「日比谷駅」A4出口 徒歩4分、A11出口 徒歩5分
 ※最寄りのA5出口は現在工事中です(2022.6時点)

◎地下鉄「銀座駅」C1出口 徒歩5分
◎JR「有楽町駅」日比谷口 徒歩7分
セミナー番号 4172
主  催 全国中小企業経友会事業協同組合(全国経友会)
└教育情報部会:保険サービスシステムHD株式会社
備  考
※ご参加資格の属性以外の方や、講座の内容に競合すると考えられるサービスを提供する立場の方、その他、主催者が不適切であると判断した場合、受講をお断りさせていただく場合があります。あらかじめご了承ください。

会場参加お申込み オンライン参加お申込み

◎オンライン受講は、開催の翌営業日の同時刻から10日間、見逃し配信をご覧になれます。
◎会場参加の場合、ご来場時に書籍『雇用契約書の作り方・活用法』を進呈します。

セミナー映像会員(定額制)

すべてのオンラインセミナーが受け放題!
※組合員様はご優待あり

映像会員サイトへ
※上記は経営者様向けです。
 会計事務所様はこちら

経営者向け労務サービス

約15名の社会保険労務士と労務専門弁護士などの専門家ネットワークが経営者をサポート! リスクマネジメントクラブ
就業規則サポートサービス

感染症対策について

換気・消毒をはじめとした感染症対策を徹底しております。
新型コロナウイルス感染症
予防対策ポリシー

組合名変更のお知らせ

東京から「全国」へ─
30周年を迎え、東京経友会は「全国経友会」へと組合名を変更しました。 全国経友会
全国中小企業経友会事業協同組合