テーマ:相続・事業承継 税務調査  セミナー番号:3648 講師:都築 巌  

税務調査にも対応した主張と立証、証拠書類の作成までフオロー!

相続財産としての役員借入金の減額評価は難しくない!-理論と応用編-

【会場】東京(日比谷)
【日時】2019年11月6日(水)14:00〜17:00 満席となりました。 ⇒別日程あり

会計セミナー 会場参加 オンライン受講

「役員借入金」は、貸付金債権の評価において「返還されるべき金額」に相当するものでしょうか?返済されないものに財産性を見出す必要はありません(相続税法第22条の「時価」と一致)。今回は事例による検証から、税務調査等で正当性の主張・立証ができるような証拠書類の作成まで解説。さらに、消費貸借契約が成立している場合における、借りている会社の返済不能の場合の貸付金とみないケースの考え方についても詳細に解説します。

こちらのセミナーは終了いたしました。
□同じ講師のセミナー≫ 都築 巌  
□同じテーマのセミナー≫ 相続・事業承継 税務調査

講演内容

1 消費貸借契約の考え方

2 評価通達204の考え方

  • 貸付金債権について
  • 消費貸借契約が成立しているのか
  • 税理士事務所での日々の会計業務の見直しで解消できる
  • 応用事例からの検討

3 評価通達205の考え方

  • 適用は「その回収が不可能又は著しく困難であると見込まれるとき」にされるのであり、通達はあくまでも例示に過ぎない
  • 返済資力の有無の考え方
  • 具体的事例を基にした回収不能などの考え方

4 税務調査、こうすれば否認されない

  • 主張・立証のための検証の仕方
  • 証拠書類の作成方法




-------
※講演内容は変更となる場合もございます。予めご承知おきください。

開催概要

開催日時 2019年11月6日(水) 満席となりました。 ⇒別日程あり
14:00〜17:00  (受付 13:30〜)
受講形式 会場参加 オンライン受講
ご参加資格 会計事務所所長・所員様
会  場
≫アクセス    
東宝日比谷ビル17F セミナールーム  
講  師 都築 巌氏(税理士都築巌事務所 所長/税理士・行政書士)
金額(税込) 8,000円 お振込み
定  員 50名 ※先着順につき、満席の場合はご了承ください。
セミナー番号 3648
映像化 セミナー映像会員 〔1〕生中継 あり 〔2〕収録版 あり
主  催 東京中小企業経友会事業協同組合
問合せ ビジネスサポートクラブ株式会社 セミナー係
TEL/0120-88-7000
備  考

講師紹介

都築 巌氏

税理士都築巌事務所 所長/税理士・行政書士

昭和54年、立命館大学法学部卒業後、大阪国税局及び管内各税務署に勤務。間接税、法人税、消費税等の調査及び審理事務に従事。
平成13年、大阪国税不服審判所勤務を最後に退職。同年、税理士登録。京都府宇治市にて税理士事務所開設。
現在、租税訴訟学会理事、租税訴訟学会近畿支部幹事、日本税法学会会員、税理士会関係各団体主催研修講師、公認会計士協会近畿実務補習所講師、生保・証券会社主催セミナー講師として活躍。

□同じ講師のセミナーを見る≫ 都築 巌  

会場・アクセス

東宝日比谷ビル17F セミナールーム 
東京都千代田区有楽町1−2−2 東宝日比谷ビル17F(日比谷シャンテ)  
googleマップはこちら

<アクセス>
● 東京メトロ 日比谷線・千代田線/都営地下鉄 三田線
「日比谷」駅 A5出口より 徒歩約2分

● 東京メトロ銀座線・丸ノ内線
「銀座」駅 C1出口より 徒歩約5分

● JR山手線・京浜東北線
「有楽町」駅日比谷口より 徒歩約5分

● 東京メトロ有楽町線
「有楽町」駅より 徒歩約6分

こちらのセミナーは終了いたしました。
□同じ講師のセミナー≫ 都築 巌  
□同じテーマのセミナー≫ 相続・事業承継 税務調査

注目セミナーPickUP